ヤギのチカラ。

ご用をしていると、うしろから足音がして

てっきり友達の走ってくる足音かと思って振り向いたら

目の前にどーーんと子ヤギの顔!びっくり!

ヒトみたいな、不思議な気配だったので。

「やぎさんゆうびん」

という歌、知ってますか?

しろやぎさんからお手紙ついた

くろやぎさんたら読まずに食べた

しかたがないのでお手紙書いた

さっきの手紙のご用事なあに?

以上が1番で、2番ではこの逆になります。こんどはくろやぎさんが出した手紙をしろやぎさんが読まずに食べて、しろやぎさんがくろやぎさんにまたお手紙を書くという歌。

いちばん最初のお手紙のご用は、いったいなんだったと思いますか?

「くろやぎさん元気かな?よーし!おいしいお手紙を送ろう!」

「あ!お手紙がきてる!おいしいなあ、、しろやぎさんも元気かな?ぼくもおいしいお手紙を送ろう!」

お手紙には一応お手紙ぽく書くけど、ポストに届くお手紙はきっと思いそのもの。

そのせいか、なんとなく、ヤギはわたしの中ではとくべつです。

そういえば、この子とたわむれてた友達も、いつもより一層やさしい顔をしてました。ヤギには不思議なチカラがある気がします。

今もあの山の上でこの子が走ったり、葉っぱ食べてたりしてるかな?元気にしてるといいな、、お手紙を出したいのだけどそうもいかないので、その代わりに思い出してます!思い出すと、なんだかこちらも元気がでてきます!

氷の山

通勤で両脇に木がおい茂る歩道をてくてく歩いてました。突然、すごく近くでセミが

「ジーーーーーーーー!」

鳴きはじめました。どこだ?キョロキョロ、、まあ、どこかの木だな、、と前方を見直し、またてくてく歩き始めました。

しかし、すごい近いな、、

「ジーーーーーーーー」

近いな、、

「ジーーーーーーーー」

!!!!

自分が背負ってるリュックにとまって鳴いてました。

こんにちは!うさこです!猛暑連日、みなさんなんとか元気にしてますでしょうか!

夏といえば氷の山を登山!夜空の花火とかき氷ってとても似合うんだなあ、、なんて見てたらあっというまにとけちゃいましてそこにビールを注いで呑みました。これわりとおすすめです。

花火大会、みんながひとつのものを見上げてニコニコ顔になって、いいもんです!また、お店で食べたり。

シロップかけただけで半分くらいになっちゃった。こちらは2月のスキー場でズッポリはまったのを思い出す氷。

、、、

3月にスノボで足首捻挫をして動けなくなって、そこから肥えました。指摘も受けて、いま、ダイエット中。そこはまた後日詳しく書くとして!

ダイエットなのにかき氷か!

はい!

遊ぶときは思い切り食べて、呑みます!

(((o(*゚▽゚*)o)))

今年は何個、氷の山を食べるかのう、、

まだまだ暑い日が続きますが、どうかみなさま、無事に!楽しい夏を!

読んだら、私の方がまだマシ、、、と確認できるブログ

早くも6月なかばですね。

そこらじゅうの田んぼに水が入り、まるでお家の近くに湖ができたようでこの時期とてもテンションあがります。いったい何百匹いるんだろう、何千匹かな?ってくらい、カエルが大合唱します。さらにテンションあがります。

ちなみに、叔母の昔のアダ名はケロリン。

妹もそこはかとなくカエルの面影有り。

おまえもだろう、、?はい。

むかしむかし、好きな男の子に

「おまえに似てるやつ!」とアマガエルをTシャツの背中に入れられた、甘酸っぱい思い出所有者です。

うさこです(^-^)

さて。

冒頭タイトル、「読んだら、私の方がまだマシ、、と確認できるブログ」

と、ブログの一環テーマにできるほど、最近ドジ率上昇中なのです。

一部をご紹介します。

ものすごく自然な動きで、ヨーグルトに赤い粉をかけてました。せっかくなので食べてみました。

ウヒ!

まろやかな辛味、、なくは無い、、例えるなら、急いでキムチと牛乳をいっしょに食べたような、、そんなかんじです、、もうぜったいしないよう、きちんと目が覚めてから朝ごはんは作ろうと思います。

そして、もうひとつ。

温め直したつもりで湯船のフタをあけ、どぽん。

ギェ!!

熱湯風呂のあの芸人さんたちの慌てぶりをそのまま再現してしまいました。冷水風呂で。もったいないひとりパフォーマンスでした。

でも、せっかく裸になったし、濡れた体をふいてまた入るのは、、、めんどくさがりなわたしはそのまま、体を洗い、途中どれだけあったまったか確認しながら次は髪を洗い、、まだ時間を要する。そのままリンパマッサージ。無事あたたかな湯船にも入り、ぽかぽか。結果オーライ。

せっかくなのでもうひとつ。

ふだんリュック愛用者なのですが、とにかくなんでもリュックのなかにそのまま放り込んで使う毎日。

ボタンを押すと競馬のファンファーレが鳴る、、というキーホルダーを集めていまして(ガチャポン)、この前それを友達に自慢したくて(^-^)それをいくつか例によってリュックに放り込んで京王線に乗りました。

リュックの中に放り込む、、つまりリュックの中は混沌状態。

何かが何かとぶつかって、キーホルダーのボタンを押してしまったと推測されます。

リュックの中とはいえ、まあまあな音量のファンファーレが次々、京王線車両に響きました。穴があったら入りたいけど、電車は走り、調布でお客さんがたくさん降りてくれて、座席確保。

ああ、もうこんなことないようにリュック整理しよう!

♪♪♪

また鳴ってしまいました。携帯の着信音が鳴っちゃってるていで車両移動しました。もうファンファーレキーホルダーは持ち歩かない。おうちで密かに楽しみます。

でもだいすきです、ファンファーレキーホルダー。実況ごっこにとても重宝してます。

これです。

と、いうわけで、お誕生日むかえて浮かれてんじゃないよ成長しなければ!!!と強く誓った6月。

今年後半も元気にいきましょーう!

あたらしい1年

あっちむいて

ホイ!

ネコ 強い(o^^o)

お仕事場へ向かう道、ひらけゴマ!と思いながら待ちに待ったスイレンが

ひらいた!カエルがよろこぶ!

お誕生日の初体験は、、

すっぽん!パワーもりもり笑笑

あたらしい1年がスタート、すっぽんのおかげで世界はキラキラです(o^^o)笑笑

今年もたくさん探検していきたいです。

いろんなものを見つめるのが好きなので、歩くのはいつも遅くなっちゃうのだけど、けっこう楽しいものがあちこち、かくれてます。いっぱい見つけたいです。

あと、いつもお世話になっている方々に、たくさんありがとうを返していきたいです。

ダイエット本気モード!今年の夏はきれいなワンピースを着て、おさんぽするのが目標!

あ!お誕生日むかえて最初に聴いた曲が「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」でした。かっこいい、、、

最初にギターで弾いた曲は、カノンでした。なんとなく。

最初にピアノで弾いた曲は、GIファンファーレでした。関東の。

馬たちもたくさん応援したいです!

叶ったこと

わたしには、中学生の頃からひそかに憧れていたことがあった。

わたしの実家の家族は、わたしをのぞいてみんなスキーが得意。毎年毎年、スキー仲間の団体で滑りに行って30年くらいになる。

遡ること昔々。わたしのスキー初体験は13歳。幼稚園時代からのお友達家族に誘われて、バスを貸し切った団体に混ぜてもらった。

おとなたちはお酒を飲んで滑らず、お兄さんお姉さんはコブコースへ、わたしたちは小学生の男の子に山の登り方とハの字のボーゲンと止まり方を教わって、低い位置で練習。リフトには乗らなかった。夜は宴会場で、スキーよりも大勢の前で初めてひとりで歌を歌ったことの方が記憶に残ってるくらい、、、スキーはほとんど印象に無い。

その後かあちゃんは、それではダメだと思ったのか別のお友達に相談。某会社のスキー部のひとたちが滑りに行っているそのチームへ、参加することになった。子どもからおとなまでそろったチーム「ドイテーズ」

かあちゃんや妹や叔母は毎年参加して習い、めきめき上達していった。

何度か「じゅんちゃんも行く?」と声をかけてくれたのに、部活があったりお友達と遊びたかったりで参加はしなかった。そうして毎年うまくなる家族とわたしの、スキーの腕前は開いていった。

うまくなった妹や叔母の横でへたっぴいなあたしがすべるのかあ、絶対笑われる、、とか、そんなことを気にして、ますます行くことをこばんだ。

そして数年後。

映画でスキーが流行ってスキー場が大混雑の頃、短大生のわたしは友達に誘われ、7年ぶりにスキーへ行った。大混雑の初心者コースをきゃあきゃあとボーゲンで滑って、ナンパだーなんだーと、完全にミーハーなノリであった。リフトには1回乗っただけだった。とんでもなくへたなまま、ただ遊びに出かけたようなものだった。

かあちゃんたちはいつもとても楽しそうに出かけて行く。それを、「あたしも連れてって」と言いたいのに「行ってらっしゃい」と言って、毎年送り出した。

帰ってきては、みんなが滑るビデオを毎年見せてもらった。最初のころおぼつかなかったかあちゃんはすいすい滑り、転んでた妹や叔母は別人のようにかっこよく滑るようになっていった。毎年のその「ドイテーズ」というチームでスキーに行く恒例行事が、とてもうらやましくて、ずっと憧れていた。スキー興味ないのお、、てな顔で。今のあたしなら、「いっしょに行きたいー!」とガンガン言えるけど、当時のあたしはなぜかなあ、どうしても言えなかった。

そんなあたしが数年前にお友達とスキーに行き、その後スノボを始めた。最近は同じメンバーで行き、そのメンバーで行くのが今年で3年目となった。ひそかに、毎年みんなで行くのが恒例になってて、とてもうれしい。冬が来るのがとても楽しみだ。

毎年かあちゃんたちがたのしそうにしてたのは、これだったんだなあ、、、と。やっと実感できた。それをかあちゃんに言ったら、うれしそうだった。

今年、あたしは自分のボードと、とうとうブーツも買った。おうちのリビングの角がその子達の居場所なのだけど、見るたびうれしい。先月ケガをしてしまい離脱してしまったけど、リハビリしてがんばって、体力もつけて、来年また行くのをとてもたのしみにしている。ひそかに、チームみたいだなあ(((o(*゚▽゚*)o)))と思っている。

春の骨つき肉

あっという間に春!!

みなさまお元気でしょうか!!

わたしは足首が、骨つき肉状態です!

なんじゃそりゃ!

スノボの新しいブーツを買って大よろこびもつかの間、足首捻挫。

足を地面につけなくて、病院の階段を這ってのぼった時はガマン強いあたしも涙がうっすら。車椅子を初体験した。操縦むずかしかった!

おうちまで送っていただいた友達に心からごめんなさいごめんなさいと思い、情けなさにシクシク泣き、痛い痛い、うー、うー、と応急処置をしていただいた包帯をとると、、、

りっぱな骨つき肉ができあがっていた。はじめ人間ギャートルズのあの骨つき肉だ。

歩けるようにはなったけれど、歩くたびに足首がグラグラとなり、なんとも頼りない。

電車内でたっていると「席をかわりますよ」と言ってくださるかたがいた。階段を降りてると肩を貸そうとしてくれるかたがいた。閉まろうとするエレベーターのドアを、乗らない人がわたしの足を見てボタンを押してくれた。

何回、ありがとうございます!と言ったかな。

そうして日々優しい方々に助けられ、落ち込んでらんないな、、、と思った。

何度かバランスをくずして転倒した。ある時、倒れたまま横を見たら草むらにネコがいた。彼はすぐパッと消えてしまったけれど、彼の視界はこんなかんじなのか、、、としばらく見つめた。

芝が、立っているときよりずっと広く見えた。人がサッサと歩いてく横で、鳥はのんびり、あたしものんびり。

不自由さがほんとに悔しくて、走り回りたくてしょうがなかったイライラが少し消えてきた。

幼稚園時代を思い出す、この花と地面と仲良しの距離。

うまうま2017

きょうで365日目!

元旦がスタート、大晦日がゴールという、365日走です!

馬には、逃げ、先行、追い込み、差し、自在、不良馬場が得意、などがあります。

わたしを馬に例えると、こう。↓↓↓

前に行けず遠慮して、最後方からみんなを見ながら追い込んでいく。

でも時々、周りなんか気にせず楽しくひたすらただただ元気に走る時もあります。

どちらの日もありました。でも、どちらも、いつもいつも敵は、他の馬でなく、自分自身な気がします。

お友達の病気が治って復活してまたみんなで元気に遊べたこと、とてもうれしかったです!

925ができたこと!ご出演者様、ご来場者様、ありがとうございました!

今年もたくさんたくさん、おいしいものをたべました!のみました!とても幸せでした!

きれいなものもたくさんみれました!

今年も元気にすごせました!ありがとうたくさん伝えたいです。

自分自身との勝負は最後まで、やってみないとわかりません!ゴール板まで元気に駆け抜けましょう!

みなさまが笑顔で、行く年来る年できますように(((o(*゚▽゚*)o)))!!!

毎年キミを思う日

前略  サイレンススズカさま

キミは元気に、天国を駆けていますか?

いまも、ひとりで駆けてますか?

それとも、天国では、お友達と駆けてますか?

たのしく、気持ちよく、走ってますか?

きのう、ものすごい雨の中、秋の天皇賞が行われました。キミの背中にいた武豊騎手が手綱をとり、キタサンブラックという馬が勝ちました。すごい歓声が起こり、武豊騎手がなんどもガッツポーズをして、オーナーの北島三郎さんがキタサンブラックの鼻をなんどもなでていました。キタサンブラックは優しい顔をむけていました。

キミは、空から見ていましたか?

1998年の秋の天皇賞、わたしは東京競馬場に来ていました。あまりにも速いキミが、競馬場の話題の中心でした。

GIファンファーレが鳴り響き、大歓声の中ゲートが開き、キミはコースへ。目の前で初めて見たキミは、ほんとうにバイクみたい。スタンドは大きな1つの生き物みたいにどよめいて、キミを見つめていました。

すごい逃げ足だ。ぶるっとしてしまいました。

強い速い馬がそのまま勝つより、それに向かっていって勝つ馬を見たいって、そんな思いを込めた馬券をにぎりながらあたしこう発してしまいました。

えー!来ちゃうの??また??来なきゃいいのに!

向正面をスーーーッ!とすすむバイクのようなキミがとつぜん、ガクッとなり、ハッと気がついたときは、他の馬たちがキミを通り過ぎ、キミは立ったまま、武豊騎手が下馬しました。スタンドは静かになったあと大きくどよめいて、レースどころではなくなりました。

キミはゴールに来ることはありませんでした。

わたしは自分が発した言葉がそうしたんだと思い、手が震えて、周りの音も遠くに聴こえて、しばらく固まり、どうやって帰ったか覚えてません。

その後何年も、競馬場に向かえませんでした。競馬もできませんでした。

それから結婚をして、テレビで競馬中継を見るうち、馬のことを少しずつまた考えるようになりました。

牧場へ行き仔馬や母馬、牡馬を見て、馬の博物館や馬事公苑の催しで馬のことを知って、馬が生まれてからどこでどうやって大きくなって競馬場へ来るか、競馬場へ来れずに終わる命もあるということ、どんな人たちがどんなお世話をしてるかとか、少しずつ知っていきました。

そして、競走馬として生まれて来た仔たちを応援したいと思い、東京競馬場のそばに引っ越し、暮らしはじめました。小さい頃から父が競馬を教えてくれていて、その頃はテレビ画面の向こうの世界だったけれど、いまはすぐそこに、そばに、その世界があります。キミが亡くなった秋の天皇賞は、競馬を思い見つめ直す1日。私にとって、キミを強く思う、キミの命日です。


速さは自由か、孤独か、、、ってCMにあったけれど、他の馬たちからはるかに離れてひとりで走るキミ。  自由だったかもしれないけど、孤独ではなかったと思いたいです。スタンドでたくさんのひとたちが、キミを見つめて応援してた。

秋の天皇賞のたびに、キミを思い、いっそう競馬を好きになります。武豊騎手、キタサンブラック、すごかったですよね!胸がいっぱい。そのお返しにまた、たくさん応援したいと思います。

キミが空で楽しく駆けてますように!

*前略ディープインパクトさま展をやっていたので、わたしはサイレンススズカに宛てて書いてみました!

やさしい顔。キタサンブラック。脚元無事でありますように。

5周年!


小学校の同級生ちゃんせばッくんと組んで、DOasksでイベントを始めて、今回なんと5周年なんだそうです!ひょえーー!

過去4回の925、そしてその合間のちゃらフェス、来てくださったみなさま、ご出演くださったみなさま、助けてくださった皆様、本当にありがとうございます!むずかしい、文字ではうまく表せない、、、本当に泣いちゃう、うーーー!ありがとうでいっぱいです!

今年の925はその感謝の思いをこめまして感謝パーティとし、わたしたちの出身、スタート地点、浅草で行いたいと思います!場所は「ちゃら」

体調を整えるため1年おやすみしておりましたが、925で再始動です!ご心配くださったみなさま、本当にありがとうございます!行く先々で声をかけていただき、ああ、音楽のあるところはやはりあったかいなあ、、、そうひしひしと感じた1年でした。925今年はどんななのー?と聞いてくださった方々、ありがとうございます!そんなふうに言って頂けたこと、とてもうれしかったです!

というわけで!

どーーーーーーん!!!

ブギーのマコジェットさん!

そして、元ヤング100vの成瀬晃一さん!

ご出演くださいます!!

and

おなじみのTOKYO MORさん、ネコダ珈琲さん、そして、、、+アキラって書いてあるー!+ponて書いてあるー!

入場無料って書いてあるー!

魚貝祭りって書いてあるー!

何が起こるか当のうさこもドキドキです!!いろんな意味で!!

みなさま、ぜひぜひ!あそびに来てくださーい!(^ ^)(^ ^)(^ ^)(^ ^)(^ ^)

詳細コチラ↓↓

https://www.doasks.com/925

笑う夕焼け

加工はいっさいしてないんです!ほんとに、こう↑↑↑!!

笑う夕焼け。葛西臨海公園。

さっきも、お友達とふざけてて、笑い出したら止まらなくなってしまい、なんでもかんでもとにかくおもしろくなってしまい、よく笑った。

もしかしたら笑うと全身がいい具合に揺すられて、普段考えたり悩んでガチッとなってしまってる脳みそがふんわりほどけるんじゃないだろか?

で、なんか見るとついつい笑ってしまうこの笑う夕焼けの画像、だいじにとっておいている。