春の骨つき肉

あっという間に春!!

みなさまお元気でしょうか!!

わたしは足首が、骨つき肉状態です!

なんじゃそりゃ!

スノボの新しいブーツを買って大よろこびもつかの間、足首捻挫。

足を地面につけなくて、病院の階段を這ってのぼった時はガマン強いあたしも涙がうっすら。車椅子を初体験した。操縦むずかしかった!

おうちまで送っていただいた友達に心からごめんなさいごめんなさいと思い、情けなさにシクシク泣き、痛い痛い、うー、うー、と応急処置をしていただいた包帯をとると、、、

りっぱな骨つき肉ができあがっていた。はじめ人間ギャートルズのあの骨つき肉だ。

歩けるようにはなったけれど、歩くたびに足首がグラグラとなり、なんとも頼りない。

電車内でたっていると「席をかわりますよ」と言ってくださるかたがいた。階段を降りてると肩を貸そうとしてくれるかたがいた。閉まろうとするエレベーターのドアを、乗らない人がわたしの足を見てボタンを押してくれた。

何回、ありがとうございます!と言ったかな。

そうして日々優しい方々に助けられ、落ち込んでらんないな、、、と思った。

何度かバランスをくずして転倒した。ある時、倒れたまま横を見たら草むらにネコがいた。彼はすぐパッと消えてしまったけれど、彼の視界はこんなかんじなのか、、、としばらく見つめた。

芝が、立っているときよりずっと広く見えた。人がサッサと歩いてく横で、鳥はのんびり、あたしものんびり。

不自由さがほんとに悔しくて、走り回りたくてしょうがなかったイライラが少し消えてきた。

幼稚園時代を思い出す、この花と地面と仲良しの距離。

Thank you for reading♡

投稿者: usajun

浅草出身、同級生ユニットの片割れ。千束小学校出身。