ヤギのチカラ。

ご用をしていると、うしろから足音がして

てっきり友達の走ってくる足音かと思って振り向いたら

目の前にどーーんと子ヤギの顔!びっくり!

ヒトみたいな、不思議な気配だったので。

「やぎさんゆうびん」

という歌、知ってますか?

しろやぎさんからお手紙ついた

くろやぎさんたら読まずに食べた

しかたがないのでお手紙書いた

さっきの手紙のご用事なあに?

以上が1番で、2番ではこの逆になります。こんどはくろやぎさんが出した手紙をしろやぎさんが読まずに食べて、しろやぎさんがくろやぎさんにまたお手紙を書くという歌。

いちばん最初のお手紙のご用は、いったいなんだったと思いますか?

「くろやぎさん元気かな?よーし!おいしいお手紙を送ろう!」

「あ!お手紙がきてる!おいしいなあ、、しろやぎさんも元気かな?ぼくもおいしいお手紙を送ろう!」

お手紙には一応お手紙ぽく書くけど、ポストに届くお手紙はきっと思いそのもの。

そのせいか、なんとなく、ヤギはわたしの中ではとくべつです。

そういえば、この子とたわむれてた友達も、いつもより一層やさしい顔をしてました。ヤギには不思議なチカラがある気がします。

今もあの山の上でこの子が走ったり、葉っぱ食べてたりしてるかな?元気にしてるといいな、、お手紙を出したいのだけどそうもいかないので、その代わりに思い出してます!思い出すと、なんだかこちらも元気がでてきます!

Thank you for reading♡

投稿者: usajun

浅草出身、同級生ユニットの片割れ。千束小学校出身。