あるかたからの言葉

2016年の925、無事終えることができました!

みなさま、本当に本当に、ありがとうございました!何度こう言ってもまったく足りません、、イベントの様子、後日きちんと書かせていただきます!

きょう、ここに書くのは、その925の日、ある出演者のかたからいただいた言葉についてです。

緊張で休憩室にもいれず、ドアを開けてボーッと外に出たあたしの目の前に、そのかたはいました。演奏準備をしながらそのかたは言いました。

「緊張はいいよお」

そのひとこと。狭い場所に、そのかたとわたしだけでした。

それを聞いた瞬間、ふわふわしてた足がピタッと地面につきました。心臓はドキドキして手は震えたままなのに、吸った息がきちんと胸に入って、はいた息がきちんとそとに出ていきました。スーッとまっすぐからだが上にひっぱられるようになって、それはふしぎな体験でした。そのあとわたしたちの出番になり、大洋の風って歌詞を歌ったときは客席がほんとうに海に感じたのと、オリオン座が浮かんだのと、弾き語りは希望を思ってやりました。胸がたいへん熱くなりました。

心臓はどくんどくんとリズムをうつし、歩くのも、話すのも、話さないのも、みんな音楽みたいだって、思ったんです。生きることも、音楽だって。そう思いました。

だいすきなひとからの、この言葉はわたしの宝ものです。

よーし、またがんばるぞーー!!

Thank you for reading♡

投稿者: usajun

浅草出身、同級生ユニットの片割れ。千束小学校出身。