叶ったこと

わたしには、中学生の頃からひそかに憧れていたことがあった。

わたしの実家の家族は、わたしをのぞいてみんなスキーが得意。毎年毎年、スキー仲間の団体で滑りに行って30年くらいになる。

遡ること昔々。わたしのスキー初体験は13歳。幼稚園時代からのお友達家族に誘われて、バスを貸し切った団体に混ぜてもらった。

おとなたちはお酒を飲んで滑らず、お兄さんお姉さんはコブコースへ、わたしたちは小学生の男の子に山の登り方とハの字のボーゲンと止まり方を教わって、低い位置で練習。リフトには乗らなかった。夜は宴会場で、スキーよりも大勢の前で初めてひとりで歌を歌ったことの方が記憶に残ってるくらい、、、スキーはほとんど印象に無い。

その後かあちゃんは、それではダメだと思ったのか別のお友達に相談。某会社のスキー部のひとたちが滑りに行っているそのチームへ、参加することになった。子どもからおとなまでそろったチーム「ドイテーズ」

かあちゃんや妹や叔母は毎年参加して習い、めきめき上達していった。

何度か「じゅんちゃんも行く?」と声をかけてくれたのに、部活があったりお友達と遊びたかったりで参加はしなかった。そうして毎年うまくなる家族とわたしの、スキーの腕前は開いていった。

うまくなった妹や叔母の横でへたっぴいなあたしがすべるのかあ、絶対笑われる、、とか、そんなことを気にして、ますます行くことをこばんだ。

そして数年後。

映画でスキーが流行ってスキー場が大混雑の頃、短大生のわたしは友達に誘われ、7年ぶりにスキーへ行った。大混雑の初心者コースをきゃあきゃあとボーゲンで滑って、ナンパだーなんだーと、完全にミーハーなノリであった。リフトには1回乗っただけだった。とんでもなくへたなまま、ただ遊びに出かけたようなものだった。

かあちゃんたちはいつもとても楽しそうに出かけて行く。それを、「あたしも連れてって」と言いたいのに「行ってらっしゃい」と言って、毎年送り出した。

帰ってきては、みんなが滑るビデオを毎年見せてもらった。最初のころおぼつかなかったかあちゃんはすいすい滑り、転んでた妹や叔母は別人のようにかっこよく滑るようになっていった。毎年のその「ドイテーズ」というチームでスキーに行く恒例行事が、とてもうらやましくて、ずっと憧れていた。スキー興味ないのお、、てな顔で。今のあたしなら、「いっしょに行きたいー!」とガンガン言えるけど、当時のあたしはなぜかなあ、どうしても言えなかった。

そんなあたしが数年前にお友達とスキーに行き、その後スノボを始めた。最近は同じメンバーで行き、そのメンバーで行くのが今年で3年目となった。ひそかに、毎年みんなで行くのが恒例になってて、とてもうれしい。冬が来るのがとても楽しみだ。

毎年かあちゃんたちがたのしそうにしてたのは、これだったんだなあ、、、と。やっと実感できた。それをかあちゃんに言ったら、うれしそうだった。

今年、あたしは自分のボードと、とうとうブーツも買った。おうちのリビングの角がその子達の居場所なのだけど、見るたびうれしい。先月ケガをしてしまい離脱してしまったけど、リハビリしてがんばって、体力もつけて、来年また行くのをとてもたのしみにしている。ひそかに、チームみたいだなあ(((o(*゚▽゚*)o)))と思っている。

Thank you for reading♡

春の骨つき肉

あっという間に春!!

みなさまお元気でしょうか!!

わたしは足首が、骨つき肉状態です!

なんじゃそりゃ!

スノボの新しいブーツを買って大よろこびもつかの間、足首捻挫。

足を地面につけなくて、病院の階段を這ってのぼった時はガマン強いあたしも涙がうっすら。車椅子を初体験した。操縦むずかしかった!

おうちまで送っていただいた友達に心からごめんなさいごめんなさいと思い、情けなさにシクシク泣き、痛い痛い、うー、うー、と応急処置をしていただいた包帯をとると、、、

りっぱな骨つき肉ができあがっていた。はじめ人間ギャートルズのあの骨つき肉だ。

歩けるようにはなったけれど、歩くたびに足首がグラグラとなり、なんとも頼りない。

電車内でたっていると「席をかわりますよ」と言ってくださるかたがいた。階段を降りてると肩を貸そうとしてくれるかたがいた。閉まろうとするエレベーターのドアを、乗らない人がわたしの足を見てボタンを押してくれた。

何回、ありがとうございます!と言ったかな。

そうして日々優しい方々に助けられ、落ち込んでらんないな、、、と思った。

何度かバランスをくずして転倒した。ある時、倒れたまま横を見たら草むらにネコがいた。彼はすぐパッと消えてしまったけれど、彼の視界はこんなかんじなのか、、、としばらく見つめた。

芝が、立っているときよりずっと広く見えた。人がサッサと歩いてく横で、鳥はのんびり、あたしものんびり。

不自由さがほんとに悔しくて、走り回りたくてしょうがなかったイライラが少し消えてきた。

幼稚園時代を思い出す、この花と地面と仲良しの距離。

Thank you for reading♡

うまうま2017

きょうで365日目!

元旦がスタート、大晦日がゴールという、365日走です!

馬には、逃げ、先行、追い込み、差し、自在、不良馬場が得意、などがあります。

わたしを馬に例えると、こう。↓↓↓

前に行けず遠慮して、最後方からみんなを見ながら追い込んでいく。

でも時々、周りなんか気にせず楽しくひたすらただただ元気に走る時もあります。

どちらの日もありました。でも、どちらも、いつもいつも敵は、他の馬でなく、自分自身な気がします。

お友達の病気が治って復活してまたみんなで元気に遊べたこと、とてもうれしかったです!

925ができたこと!ご出演者様、ご来場者様、ありがとうございました!

今年もたくさんたくさん、おいしいものをたべました!のみました!とても幸せでした!

きれいなものもたくさんみれました!

今年も元気にすごせました!ありがとうたくさん伝えたいです。

自分自身との勝負は最後まで、やってみないとわかりません!ゴール板まで元気に駆け抜けましょう!

みなさまが笑顔で、行く年来る年できますように(((o(*゚▽゚*)o)))!!!

Thank you for reading♡

毎年キミを思う日

前略  サイレンススズカさま

キミは元気に、天国を駆けていますか?

いまも、ひとりで駆けてますか?

それとも、天国では、お友達と駆けてますか?

たのしく、気持ちよく、走ってますか?

きのう、ものすごい雨の中、秋の天皇賞が行われました。キミの背中にいた武豊騎手が手綱をとり、キタサンブラックという馬が勝ちました。すごい歓声が起こり、武豊騎手がなんどもガッツポーズをして、オーナーの北島三郎さんがキタサンブラックの鼻をなんどもなでていました。キタサンブラックは優しい顔をむけていました。

キミは、空から見ていましたか?

1998年の秋の天皇賞、わたしは東京競馬場に来ていました。あまりにも速いキミが、競馬場の話題の中心でした。

GIファンファーレが鳴り響き、大歓声の中ゲートが開き、キミはコースへ。目の前で初めて見たキミは、ほんとうにバイクみたい。スタンドは大きな1つの生き物みたいにどよめいて、キミを見つめていました。

すごい逃げ足だ。ぶるっとしてしまいました。

強い速い馬がそのまま勝つより、それに向かっていって勝つ馬を見たいって、そんな思いを込めた馬券をにぎりながらあたしこう発してしまいました。

えー!来ちゃうの??また??来なきゃいいのに!

向正面をスーーーッ!とすすむバイクのようなキミがとつぜん、ガクッとなり、ハッと気がついたときは、他の馬たちがキミを通り過ぎ、キミは立ったまま、武豊騎手が下馬しました。スタンドは静かになったあと大きくどよめいて、レースどころではなくなりました。

キミはゴールに来ることはありませんでした。

わたしは自分が発した言葉がそうしたんだと思い、手が震えて、周りの音も遠くに聴こえて、しばらく固まり、どうやって帰ったか覚えてません。

その後何年も、競馬場に向かえませんでした。競馬もできませんでした。

それから結婚をして、テレビで競馬中継を見るうち、馬のことを少しずつまた考えるようになりました。

牧場へ行き仔馬や母馬、牡馬を見て、馬の博物館や馬事公苑の催しで馬のことを知って、馬が生まれてからどこでどうやって大きくなって競馬場へ来るか、競馬場へ来れずに終わる命もあるということ、どんな人たちがどんなお世話をしてるかとか、少しずつ知っていきました。

そして、競走馬として生まれて来た仔たちを応援したいと思い、東京競馬場のそばに引っ越し、暮らしはじめました。小さい頃から父が競馬を教えてくれていて、その頃はテレビ画面の向こうの世界だったけれど、いまはすぐそこに、そばに、その世界があります。キミが亡くなった秋の天皇賞は、競馬を思い見つめ直す1日。私にとって、キミを強く思う、キミの命日です。


速さは自由か、孤独か、、、ってCMにあったけれど、他の馬たちからはるかに離れてひとりで走るキミ。  自由だったかもしれないけど、孤独ではなかったと思いたいです。スタンドでたくさんのひとたちが、キミを見つめて応援してた。

秋の天皇賞のたびに、キミを思い、いっそう競馬を好きになります。武豊騎手、キタサンブラック、すごかったですよね!胸がいっぱい。そのお返しにまた、たくさん応援したいと思います。

キミが空で楽しく駆けてますように!

*前略ディープインパクトさま展をやっていたので、わたしはサイレンススズカに宛てて書いてみました!

やさしい顔。キタサンブラック。脚元無事でありますように。

Thank you for reading♡

5周年!


小学校の同級生ちゃんせばッくんと組んで、DOasksでイベントを始めて、今回なんと5周年なんだそうです!ひょえーー!

過去4回の925、そしてその合間のちゃらフェス、来てくださったみなさま、ご出演くださったみなさま、助けてくださった皆様、本当にありがとうございます!むずかしい、文字ではうまく表せない、、、本当に泣いちゃう、うーーー!ありがとうでいっぱいです!

今年の925はその感謝の思いをこめまして感謝パーティとし、わたしたちの出身、スタート地点、浅草で行いたいと思います!場所は「ちゃら」

体調を整えるため1年おやすみしておりましたが、925で再始動です!ご心配くださったみなさま、本当にありがとうございます!行く先々で声をかけていただき、ああ、音楽のあるところはやはりあったかいなあ、、、そうひしひしと感じた1年でした。925今年はどんななのー?と聞いてくださった方々、ありがとうございます!そんなふうに言って頂けたこと、とてもうれしかったです!

というわけで!

どーーーーーーん!!!

ブギーのマコジェットさん!

そして、元ヤング100vの成瀬晃一さん!

ご出演くださいます!!

and

おなじみのTOKYO MORさん、ネコダ珈琲さん、そして、、、+アキラって書いてあるー!+ponて書いてあるー!

入場無料って書いてあるー!

魚貝祭りって書いてあるー!

何が起こるか当のうさこもドキドキです!!いろんな意味で!!

みなさま、ぜひぜひ!あそびに来てくださーい!(^ ^)(^ ^)(^ ^)(^ ^)(^ ^)

詳細コチラ↓↓

https://www.doasks.com/925

Thank you for reading♡

笑う夕焼け

加工はいっさいしてないんです!ほんとに、こう↑↑↑!!

笑う夕焼け。葛西臨海公園。

さっきも、お友達とふざけてて、笑い出したら止まらなくなってしまい、なんでもかんでもとにかくおもしろくなってしまい、よく笑った。

もしかしたら笑うと全身がいい具合に揺すられて、普段考えたり悩んでガチッとなってしまってる脳みそがふんわりほどけるんじゃないだろか?

で、なんか見るとついつい笑ってしまうこの笑う夕焼けの画像、だいじにとっておいている。

Thank you for reading♡

モールス

モールス、という映画を見た。いじめられっ子の12歳の男の子と、隣に越してきた同い年の女の子が出てくる。どちらも孤独で、ふたりの孤独が時間をかけずすっと重なり、物語は進む。

見終わったとき、この少年少女とさよならすることをとても寂しく思った。

自分が12歳のとき、どんなだったかな。やっぱり好きな子には笑ってほしかったり、落ち込んでたら守りたいなと思う、そんな女の子だった。12歳のいっしょうけんめいは、それはきっと不純物のない井戸の底の水のよう、そしてまっすぐだ。そうして生まれた誰かとの絆はとても強い。

劇中、壁伝いにふたりはモールス信号でおしゃべりをする。映画を見つめながら、わたしもそこに行きたいと思った。ふたりと友達になりたいと思った。

英題はlet me in  意訳すると「わたしを仲間にいれて、仲間にして」とかそんなかんじらしい。胸の中を見つめられてしまったかのような、胸にモールス信号を送られてきたような、そんな映画だ。

Thank you for reading♡

コンバースハイカット現象

赤コン、最近はいている。とても久しぶりの赤コン。黒やオフホワイト以外のカラーは、中学時代以来。

コンバースハイカットをはくと、高いところに登りたくなる。なぜだ?

コンバースハイカットをはくと、みるみる心がはずんでくる。なぜだ?

そして赤コンをはいて、いちばんぴょんぴょこした街である上野へ。上野動物園出口そばのおみやげやさん&お食事処に、生まれて初めて入ってみた。

今が何年かなんてすっかり抜けた。「じゅんちゃん、動物園たのしかった?」と今にもおばあちゃんが聞いてきそうで、「じゅん!アイスたべる?」とか今にもお父さんが買ってくれそうな。セーラー服の友達が出てきそうな。昭和な空間がそのままここに、、、何かの映画に入ってしまったかのよう。

じわじわ。じーん、、、

あまりにも昔からなじみすぎているものは、容易にひとを泣かせるらしい。じーん、、、

日本酒をいただく。あたたかやぁ〜〜。畳席で足をのばしてすっかりこどもにもどる。焼きそばおいしかった。作ってるおじちゃんやおばちゃんの愛がぜったい入ってるに違いない。

何十年して、やっと、お店の中からおそとを見ることができた。窓際にでっかい石と朝顔の鉢。葉っぱの隙間から、キラキラまぶしいいろんなひとの笑顔が見えた。ここは本当によいところだ、上野公園は天国だ、心からそう思った。

赤コンはいてた13歳のあたしは、お友達と不忍池の手漕ぎボートに乗った。なかなかうまく漕いでた。みんなでお花見に来たり、すぐそばに住んでた好きな男の子に会いに来たり、毎日、とにかくおそとへ飛び出し、このすぐ近くの天国へ来てた。

コンバースハイカットをはくと、胸のあたりがうずうず動きだす。動き出しておそとへ行かせちゃう。

なぜだーー??!このコンバースハイカット現象、、なぜなのだ、、わからん!なので!

魔法のスニーカーとしよう。

コンバースハイカットの魔法!


Thank you for reading♡

364日待ちつづけたもの!

それは日本ダービー!!

あたしが小さい頃、「日本ダービーはとくべつなんだよ」と父が教えてくれました。やっと3年ぶりに、目の前で観れる時がやってきました!!!(o^^o)!!

せっかくなのでダービー当日の競馬場をうろうろ。スタンド裏の広場は、バラ園になっていました。こどもたちはここで駆け回ってかくれんぼしてたり。恋人?奥さん?女性のかたたちを撮る男性のみなさんがいたり。いいなあ、、すてきです!内馬場に行ってみました。レースが行われるだ円形のコースの、ちょうど中になります。日本一大きなスタンドをこうして眺めることができるのだけど、お客様でぎっしり、そしてざわざわ。すごい高揚感が空気を伝ってあたしの肌をゾワッとさせました。でっかい1匹の怪獣みたいです。人々のエネルギーってすごい。日本一大きなターフビジョンを背におとなはゴロゴロ、こどもたちは仔馬のように駆けてました。あたしも心は馬!走ってみました!ひと足ふむごとにザクッと芝生が鳴り、いいにおいした!うれしやー!!!日本ダービーのレース時の写真はコーフンしてたもんで無いのですが、レースが終わり、ダービー馬になったレイデオロがスタンド前にきました。雲間からさすひかりがほんとにスポットライトみたいで、息を呑みました。大歓声のなか、ダービー馬&ダービージョッキーがガッツポーズでやってきました。今年のダービージョッキーは、フランスからJRAに籍を置くクリストフ・ルメール騎手。おめでとー!!!と叫んでしまいました。11万5000をこえるおめでとうの声は、きっと府中の町に響いてたと思います。

日本ダービー後の目黒記念でも勝利したルメール、舞台裏は関係者ご挨拶やインタビューなどきっとすごいお祝いだったと思いますがその波をやっと抜けて、かなりおして、ダービー回顧のパドックに来てくれました。大歓声。

今のお気持ちどうですか?や、ファンに向けて、、という質問に感極まって涙目になったルメール。さらに大歓声。

「フランスの競馬場にはこんなにひとはいない、日本は毎週5万人以上お客さんが来てくれて、日本だいすき」

レースがどうとかより、こう話してくれたルメール。

364日待って待って、日本ダービーすべてが終わって、静かになった競馬場。でっかい1匹の怪獣が暴れまわった跡は 新聞とマークシートの山。コーフンと寂しさとで涙がでてきてしまいました。どうしてもそのまま出れませんでした。引き返して検量室前に行ったらやっぱり名残惜しい人々多数。ガラスのむこうでルメール騎手はサインや写真撮影をしつづけてました。こっち向いた瞬間、手をふりまくりました。お父さんに連れられてたこどもたちやおじさんや男子グループ、いっしょにみんなで!

負けてしまった馬たち、騎手、関係者のみなさまにも、感謝でいっぱい。すごい1日でした。またさらに競馬を好きになりました!

馬も騎手も本気のあの世界、競馬場に来たこどもたちの目に、どんなふうに映っているのかな。かわいい声でこどもたちが応援してるたり、すこし大きくなったこどもたちがお父さんやおじいちゃんと並んで競馬新聞を見てたり。馬券は買えませんが、見て感じて、何かをつかんでる、そんな場面があります。ずっとそういう場所であってほしいです。

終わっちゃったー!また364日たのしみに、競馬を応援したいと思います!


Thank you for reading♡

へんしん

手でこねてこねて、好きな形にして、発酵させて、今回はかわいい顔にしたくて目はレーズン、口は、、、、これがいいやこれにしよう、、とたまたま目に入った細長いマカデミアンナッツのおつまみをつけ、オーブンへ投入

12分後

へんしん。

ゾンビだ。

ホラーだ。

どうも、焼く前の発酵の段階で、そのふくらみも計算しないと、、、なのだ。この前のこの下の↓↓↓カエルも、発酵前はなかなかかわいかった。35度で30分発酵してみるとこの時点であれ??と思いつつ、、170度にして12分後、取り出すと

げげっ    こわっ     みんなゾンビ。ホラーである。

友達や姪っ子たちに食べさせたいのになんじゃこりゃー!と、、、でもあまりのへんしんぶりが、この想定外の出来事が、びっくり箱みたいでとても楽しい。

春だ。

花々はどんどんひらいて、虫たちも元気にうごく。へんしんの季節だ。

いつも春は、ぴっかぴかなすてきな想像をしてなにかにトライしてしまう。どうなってくかなー

パンの焼き上がりみたいに、びっくり箱みたいな人生をガハハー!って笑ってすすんでいきたいものである。


Thank you for reading♡